星野源 (Gen Hoshino) – 異世界混合大舞踏会 (I Wanna Be Your Ghost) Lyrics

異世界混合大舞踏会 (I Wanna Be Your Ghost) Lyrics – 星野源 (Gen Hoshino)

静かに 時計の針が止まって
窓から ぬるい風と共に来たる

祭ることを忘れた 愚か者達の世
枕這う声がきみに 囁いたら

おばけが でるぞ
耳のうしろ あの世が踊る
おばけが でるぞ
だけど わりとそこまでは悪くない
おばけが きみを
連れて 視えぬ世界を遊ぶ
おばけは いるぞ
だけど 生きた人よりは 怖くないよ

恨めしや、恨めしや

密かに きみの肩に留まって
この世が 変わりゆく様を観てる

名付くことで 我ら生まれてきた
いつの日も
未知を受け入れることが もしできたら

おばけが でるぞ
川の向こう あの子が踊る
おばけが でるぞ
胸の闇を 食べながら歌いだす
おばけが きみを
大人 聴けぬ言葉で笑う
おばけは いるぞ
側で いつも見てるから 覚えててね

嘆く民に 多様な神に
行き詰まるこの地球に
きみが創り 化け出る

おばけが でるぞ
生きて踊る ぼくらを繋ぐ
おばけが でるぞ
涙拭いて 遊ぶしかないからね
おばけが きみを
残し 視えぬ世界へ帰る
おばけは いるぞ
さらば 生きる人たちよ 気をつけてね

恨めしや、恨めしや