Eve – FightSong (ファイトソング) Lyrics

FightSong (ファイトソング) Lyrics – Eve

Banjō ni tatte ita chikuri toge o sasu yōna kono itami nado
Shōsō no shōtai ni yume to kanchigai shitaku naru kokoro moyō

Itsu datte tada kara mawaru heidei
Den tte nante kawaseba meidei
Otona ni nattatte ima mitaina atama de ra ttattatta

Tada kimi no nansensu ga uso mitaina shikai o ubau kotobanara
Fukushū no shōtai ga hai ni nomerikonda mitai namari sae mo

Yorikakari atte iki teru jinsei
Izon shitai shōdō ni meitei
Bake o matottatte yakunitatsu ibasho ga arunara

Yoru wa mada akenu mama yume o miyou

Boku ni datte nē
Mirai ni kakete ike
Inoru yōna shisen e

Ikari ni mi o makase-ji ni reiseide ite

Chigiri o kawashita shōnen
Anogoro mitaina kyō ga
Mō konai to shite

Tada koe o dashite ike
Kirakunīkōze
Jōshiki nante shiran ze sōmeina hitomi de sekai o shiru
Afureru kono omoi yo iza

Mukaete kure yo hakujukassai de

Kishikaisei no shōtai ga zetsubō no fuchi ni tatasa reru kotoba ga
Tsurai itai kaeritai basho mo nai kurai hakidasenu kono yoru mo

Itsu datte baka bakkari yatte
Shoboi yume kakagete wa seisei
Koko de kutabattatte
Betsuni īkedo tsuman’nai jōdan

Aijō no shōtai ga kurushimanu yō ni madou jigoku nado
Saikō no shōtaimu ka nani mo ushinau mono nantenai ima hodo no

Kuso shōmonai shōsan ni keirei
Sugatte hai agare kono seiei
Futsū ga hoshikatta tada sore dakedatta nda

Sabita kono me dake ga kimi o miyou

Yoru wa mada akenu mama yume o miyou

Boku ni datte nē
Mirai ni kakete ike
Inoru yōna shisen e

Ikari ni mi o makase-ji ni reiseide ite

Chigiri o kawashita shōnen
Anogoro mitaina kyō ga
Mō konai to shite

Tada koe o dashite ike
Kirakunīkōze
Jōshiki nante shiran ze sōmeina hitomi de sekai o shiru
Afureru kono omoi yo iza
Mukaete kure yo hakujukassai de


盤上に立っていた チクリ棘を刺すようなこの痛みなど
焦燥の正体に 夢と勘違いしたくなる心模様

いつだって ただから回るヘイデイ
伝って なんて交わせばメイデイ
大人になったって 今みたいな頭でらったったった

ただ君のナンセンスが 嘘みたいな視界を奪う言葉なら
復讐の正体が 肺にのめり込んだみたい 鉛さえも

寄りかかりあって生きてる人生
依存したい衝動に酩酊
化けを纏ったって 役に立つ居場所があるなら

夜はまだ明けぬまま 夢をみよう

僕にだって ねえ
未来に駆けていけ
祈るような死線へ

怒りに身を任せ 時に冷静でいて

契りを交わした少年
あの頃みたいな今日が
もう来ないとして

ただ声を出していけ
気楽にいこうぜ
常識なんて知らんぜ 聡明な瞳で世界を知る
溢れるこの想いよ いざ

迎えてくれよ 拍手喝采で

起死回生の正体が 絶望の淵に立たされる言葉が
辛い痛い 帰りたい場所もないくらい吐き出せぬこの夜も

いつだって 馬鹿ばっかりやって
ショボい夢掲げては清々
ここでくたばったって
別にいいけど つまんない冗談

愛情の正体が 苦しまぬように惑う 地獄など
最高のショータイムか 何も失うものなんてない今ほどの

クソしょうもない称賛に敬礼
縋って這い上がれこの精鋭
普通が欲しかった ただそれだけだったんだ

錆びたこの眼だけが 君をみよう

夜はまだ明けぬまま 夢をみよう

僕にだって ねえ
未来に駆けていけ
祈るような死線へ

怒りに身を任せ 時に冷静でいて

契りを交わした少年
あの頃みたいな今日が
もう来ないとして

ただ声を出していけ
気楽にいこうぜ
常識なんて知らんぜ 聡明な瞳で世界を知る
溢れるこの想いよ いざ
迎えてくれよ 拍手喝采で

YouTube video

A-Z Listing